ボジョレーヌーボー解禁

毎年11月の第3木曜日に解禁となるボジョレーヌーボーは、メディアや店頭で大きく取り上げられます。

ワインには、赤、白、ロゼの三種類があり、それぞれ口当たりや飲みやすさが違いますが、味の決め手となるのは、その年に獲れた葡萄の品質です。

私は酒好きで色々なお酒を飲みます。

以前、水商売で働いていたこともあり、日本酒、焼酎、ワイン、ウォッカ、テキーラ、カクテルのベースとなる様々なリキュールを覚え、飲んで勉強しました。

その結果、少しはワインの味も分るようになったと思い込んでいました。

それまでの私のワインに対するイメージは、赤は渋みが強く辛口、白は渋みが少なく香り高く甘口、ロゼはシャンパンの味と言う程度でした。

しかし、料理を覚えてからは、赤ワインは肉料理に、白ワインは魚料理に、ロゼワインは日本食に合うと言われる理由がなんとなく分るようになり、ワインの味わい方が変わりました。

最近はレシピを見て、これはどんなワインに合うか考えるようにもなりました。

毎年、ボジョレー解禁日になるとワインの話題で盛り上がりますので、普段ワインを口にしない方も、この機会にワインに挑戦してみるのも良いと思います。

今年のボジョレーは当たり年らしいですからね。