共感覚

今共感覚所持者と明かしてらっしゃる方のイラストサイト拝見してるんのですが、とてもとても綺麗です。デジタルでここまで美しく表現出来るものなのかという程に。

実際に共感覚の著名人である、色彩の音楽家と言われたドビュッシー。

宇宙的時間の長さや広大な空間の広がりを持つ世界を巧みな比喩により表現する宮沢賢治。

象徴派の先駆、芸術至上主義・頽廃主義の代表者ボードレール。

音や字から色やにおいなどが感じられるのはその為だったり!空間認識力もずば抜けて素晴らしいそう。

孤独感との戦いもあるそうです。

世の天才芸術家と言われた人の中にも明かしていないだけでいらっしゃたかもと。共感覚は千人に一人、十万人に一人とも言われるそうで、脳の発達とともに消えてしまうのですって。

赤ん坊には見えるもの、大人には見えないものみたいな感じなのでしょうか。

あいうえおってあったら、あが赤、いが黄色、うが青、えが緑、おがピンクだったりと見えたりで数字や音階もまた然り。

また別の方は、サ行が黄色で見づらかったりして、読書はあまりしないそうです。

私も共感覚や色聴というほどではないけれど、小さい頃は人が先入観もなんもなくオレンジとブルーで別れて見えて、気持ち悪かった覚えがあったのを思い出しました。