夏の怖い話、私も1つあります。

夏は怖い話が盛り上がりますね。

実は私も1つ、あります。

私は学生の頃免許取りたてで、友達同士でとこかへドライブしに行こうという話になりました。

男女が数人ずつおりまして、すると「心霊スポットに行ってみよう!」という、肝試しのような雰囲気になりました。

ワンボックスカーで全員で5人ほど。

夏の暑い時期の夏休みに集まりました。

夜中の9時ぐらいだったでしょうか。

私の家から出発して、この心霊スポットに着く頃は10時すぎていました。

長い階段があり、途中に石碑があります。

てっぺんに建物があります。

これは展望台のようでした。

その階段の途中の石碑の前で立ち止まり、後ろを見ると幽霊が出るという噂があったのです。

私たちはその敷地内に車を止め、全員で車を降り階段を登り始めました。

「真っ暗で怖いな」とみんなで固まって歩いて行きました。

その噂どおりにしてみたのですが、結果的に特に何も起こりませんでした。

上に展望台の建物は歩いてぐるっと1周できます。

ですから私たちもここを歩いてみました。

やはり暗くて怖かったのですが、心霊現象はありませんでした。

ほっとして、建物を離れて階段を降りました。

「何でもなかったね」

そう話し合いながら、友達同士で顔を見合せ緊張がほぐれました。

車に戻って帰ろうとしたところ、車のエンジンのかかりが悪くちょっとびっくりしました。

車の中のみんなは再び緊張しました。

しかし、エンジンを数回かけ直したところ、きちんとかかって帰れたのでよかったです。

ですが、この車はとりたて悪いところなどなく、いつもはエンジンのかかりが悪いなどと言ったことはありません。

これが心霊現象と言ったら、そうなのかもしれませんね。

冬の寒い時期ならいざ知らず、真夏に機械の具合が悪くなるなんてちょっと考えづらいですからね。

このスポットに行く途中にも、一般の人の墓がたくさんあり、道はくねくね。

ちょっと小高くなったところに建物があります。

ですから、霊感が強い人が行けば何かが起こっても不思議はない、そんな心霊スポットでした。