英語教育どうしよう

我が子は赤ちゃんの頃にディズニーワールドオブイングリッシュというかの有名なキャラクター英語の教材を購入しました。

とてもオススメできるかと言われると、こちらは親の努力次第ということでしょう。

わたしもかなり努力しました。一人目の子。働いていない。すごく気合が入ってわたしも英語を勉強していたこと、これらが

わたしのモチベーションになりました。イングリッシュ、イングリッシュとテレビでも新聞でも目にすることばかり。

かの有名な林先生が驚く初耳学などで、イングリッシュは日本語を習得してからのほうがいいんですよという言葉で

わたしもすこし冷静になりました。doudoudou、冷静に冷静にと自分を抑えたのです。

我が家のこどもたちは、それはそれは今では日本語好きの本好き。毎日絵本を必ず3冊以上読んであげています。

このモチベーションもどこからくるのでしょうか。

私自身が、本を読んでもらったことのない子供であったのでそういう親の教育方法に

何かとフラストレーションがたまって不満が多かったことが挙げられます。

ホットな話題からバラエティー豊かな話題まで幼少のころからコミュニケーション能力を磨くのはやはり

ほんの読み聞かせです。

そこでディズニーワールドオブイングリッシュは気が向いたときにと変わりました。

そしたら、最近娘からイングリッシュに興味を持つ発言が多くなりました。

日本語力を磨くことは大切ですね