ついにレーシック施術をしました

小さい頃から眼が酷く、中学生からメガネ、大学からコンタクトを使っていましたが、この度その暮しからたやすくおさらばしました。裸眼で生活できるについてにまだ認識が湧きません。
話題のレーシックオペにあたってきました。昔は近視が直るなんて思ってもみなかったのに。医学の訓練はすばらしいですね。
きのう、前診療で眼科に行き、角膜の厚さ等の条項がオペに大丈夫ことをチェック。「いつオペ行うか?」「だとすれば明日で」という流れであっさり今日のオペが決定しました。
オペは約15パイ。終わった時から裸眼で窺えるようになり、メガネ をしまって普通に車両で帰宅しました。麻酔が切れてからは流石にちょっと痛かったけど、半日たって痛苦も収まり、今は少しにじむけど格段に窺えるようになりました。明日には完全に視力が回復するとのことで楽しみです。今は1間隔おきに目薬をさしています。
ビジネスが休暇で溜まった有給を消化して掛かる今だからこそ気軽に出来るのでとして気持ちしました。
しばらくは、結膜炎とかにいけないのでジムに行ったりはできないのが残念ですが、けれどもこれからは裸眼で釣りに行ったりフットサルができるのが楽しみです