就活はいつから始めればいいのだろう

いま、TVもよく見かける就活。
いつから始めればいいのだろう。
あまり年齢をとってからでは後始末もつらく陥るような気がする。
子どもたちも独り立ちし、独り暮しになっていつどうなってもいいように
そろそろ始めようかと思っている。
何年も使わない物がたくさんいらっしゃる。
過日、押入れから漆で塗っているような箱を見つけた。
結婚式の時の電報や所属検索のレターが入っていた。
なんか捨ててはいけないような気がしてずっとそのままにしておいた商品だ。
思い切って捨ててしまおう。手で細くしてゴミ箱へ捨てた。一種片付いた。
こんな調子でやっていたら何年もかかって仕舞う。
長男らの客間も片づけたい。
ガラクタなのか必要な商品なのかの内訳がつかない。ここはカップルに任せるか。
後始末も生命だけど経費のジレンマもどうしようか。
仕事の関係でお婆さんの私事も関わってくるので少しの経費で引き取り手が揉めていらっしゃるという話しも聞こえてくる。
私が亡くなったら保険金が混ざる保険に入っている。
受領証者は長男としていらっしゃる。過日、次男に話したら
「半ずつでしょう。お兄ちゃんが独り占めしたら揉めるです」と言っていた。
そりゃ揉めるわな。
「きちんと書いておいてよ」とも言われた。
それは「遺言書」はか。
きちんと書かなくてはいけないかなとおもう今日この頃です。