最近のウェディング事情

『結婚する』というと結婚式を思い浮かべることが多いと思いますが、最近では結婚式をする人ってそれほど多くないみたいですね。

その理由としては授かり婚って言葉が社会に認知されてきているからだと思います。

そのこともあってウェディング業界の競争がこれまで以上に激化しているみたいです。

それに伴い型も様々でかなり自由に結婚式や披露宴を行えるようです。

例えばホテルウェディングだけでなく、レストランウェディング、ゲストハウスウェディングによっても大きく変わりますし、参加する人数によって会場の規模も変わると思います。

これらが変わってくると会場全体の雰囲気がガラッと変わってしまいます。

そして披露宴では料理が提供されます。

その内容によっても当日の雰囲気が変わると思います。

また、祝儀の額にもよるとは思いますが、様々な空不をすることで自己負担がほぼゼロになるような結婚式+披露宴も可能なんだそうです。

もちろん、すごく派手な式が約束できるとは思えませんでしたが・・・

結婚というと日柄も大事になってきますが、意外といい日柄が空くことがあるそうです。

その理由は、2年前とかから予約していても、その間にお子さんを授かったりしてキャンセルしたり日を前倒しにすることなどがあるんだそうです。

前述したことから、結婚式を挙げることって意外と容易?なことなのかもしれませんね。